「JNET」バックナンバー

JNET Vol.2-1 (2008, May)

P 本文
003原著Re-treatment of patients with embolized ruptured intracranial aneurysms石橋 敏寛,他 (東京慈恵会医科大学)PDF
009 急性期破裂前交通動脈瘤に対する血管内手術の治療成績Masahiro OOMURA, et al (Fujita Health University)PDF
016 CAS, CEA術後のcerebral hyperperfusion syndrome発症に関する術前 リスクファクターの検討Hiroshi ITOKAWA, et al (Fujigaoka Hospital, Showa University)PDF
023 中大脳動脈M2部以遠の遠位塞栓に対する機械的再開通法秋山 義典,他(天理よろづ相談所病院)PDF
029症例報告Cavernous sinus dural arteriovenous fistula completely occluded by transarterial NBCA embolization with balloon assisted technique山浦 生也,他(神戸徳洲会病院)PDF
034 Oculocardiac reflex induced by catheterization of the distal ophthalmic artery林 健太郎,他(長崎大学)PDF
038 PICA-involved typeの破裂解離性椎骨動脈瘤に対する急性期血管内治療の1例Michihiro TANAKA (Kameda Medical Center) PDF
045 経蝶形骨洞下垂体腺腫摘出術後に生じた仮性動脈瘤に対するステント併用コイル 塞栓術の1例Kouhei NII, et al (Fukuoka University Chikushi Hospital)PDF
050 C2-5 Spinal Arteriovenous Metameric Syndrome の1例糸川 博(昭和大学藤が丘病院)PDF
056 紡錘状腕頭動脈瘤に対してparallel stentingとコイル塞栓を併用した1例立嶋 智(UCLA Medical Center)PDF
062 脳梗塞を来し頸動脈に可動性プラークを認めた本態性血小板血症の1例 PDF
068海外留学レポートルーズベルト病院血管内治療センター留学記 PDF
企画脳神経血管内治療医が知っておくべき最新論文 PDF
76Information広報委員会から PDF
77 専門医制度事務局から PDF
編集後記 小宮山雅樹(編集長)PDF

表紙目次