過去の新着情報

過去の新着情報

2016年12月28日
編集委員会から」にお知らせ(機関誌(JNET)月刊化のお知ら せ)がアップされました。
2016年11月30日
JNET 10巻5号が発刊されました。
2016年10月17日
脳血管内治療 1巻Supplement号 (第32回 NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会抄録)が発刊されました。
2016年10月17日
和文誌「脳血管内治療」が,J-STAGEに収録されました。
2016年9月30日
JNET 10巻4号が発刊されました。
2016年7月31日
JNET 10巻3号が発刊されました。
2016年5月31日
JNET 10巻2号が発刊されました。
2016年3月31日
JNET 10巻1号,脳血管内治療 1巻1号 が発刊されました。
2015年11月30日
第9巻5号が発刊されました。
2015年10月01日
第9巻4号が発刊されました。
2015年09月01日
英文誌「JNET」、和文誌「脳血管内治療」の投稿受付を開始しました。
2015年07月31日
第9巻3号が発刊されました。
2015年05月31日
第9巻2号が発刊されました。
2015年03月31日
第9巻1号が発刊されました。
2015年02月01日
第8巻5号が発刊されました。脳神経血管内治療医が知っておくべき論文のページが更新されました。
2015年01月09日
第8巻4号が発刊されました。脳神経血管内治療医が知っておくべき論文のページが更新されました。
2014年11月29日
第8巻3号が発刊されました。
2014年08月25日
第8巻2号が発刊されました。
脳神経血管内治療医が知っておくべき論文のページが更新されました
2014年07月14日
「バックナンバー閲覧」ページに JNET Vol.3-Suppl.1 を掲載しました
2014年05月31日
第8巻1号が発刊されました
2014年05月01日
投稿規定が改定されました
2014年04月30日[編集委員長]
JNETホームページを開設いたしました
2014年04月01日
投稿規定が改定されました
2014年02月06日
投稿規定が改定されました
2014年02月06日
編集室が開設されました
2013年12月01日
第7巻5号が発刊されました
2013年10月01日
第7巻4号が発刊されました
2013年08月01日
第7巻3号が発刊されました
2013年06月01日
第7巻2号が発刊されました
2013年04月15日
第7巻1号が発刊されました
2013年04月01日
JNETの編集委員、査読委員が新たになりました
2013年04月01日
第6巻5号が発刊されました
2013年02月01日
第6巻4号が発刊されました
2012年12月01日
第6巻3号が発刊されました
2012年10月01日
第6巻2号が発刊されました
2012年06月01日
第6巻1号が発刊されました
2012年03月01日
第5巻3号が発刊されました
2011年12月10日
第5巻2号が発刊されました
2011年07月17日
第5巻1号が発刊されました
2011年07月12日[編集委員長]
JNETの査読委員から沼口雄治先生が勇退され、大石英則先生が加わりました
2011年01月29日
第4巻3号が発刊されました
2010年12月25日
投稿規定を一部改訂しました(編集長交代に伴う投稿先の変更)
2010年09月01日
第4巻2号が発刊されました
2010年07月24日
編集長からのメッセージ「投稿を歓迎します
2010年06月01日
第4巻1号が発刊されました
2010年01月20日
第3巻3号が発刊されました
2009年11月18日[編集委員長]
JNETの査読委員に、稲川正一先生、小林英一先生、田中美千裕先生、松本康史先生が加わりました
2009年09月20日
第3巻2号が発刊されました
2009年07月22日
JNETが郵便法における学術刊行物と指定されました
2009年05月25日
第3巻1号が発刊されました
2008年12月25日
第2巻3号が発刊されました
2008年12月05日
2008年12月からの新委員を公告しました
2008年08月10日
第2巻2号が発刊されました
2008年06月06日
第2巻1号が発刊されました
2008年04月24日[編集委員長]
投稿規定を一部改訂しました
2008年01月17日[編集委員長]
JNETの査読委員に、沼口雄治先生、定藤章代先生が加わりました
2007年12月29日[編集委員長]
JNETには、和文論文と英文論文のどちらでも投稿可能ですが、日本発のメッセージ発信目的で、英文論文の投稿の推奨いたします.年間3巻の論文号のうち1巻は英文での発行を行ないたいと思います.和文論文と英文論文間にpriorityはありませんが、英文論文の投稿を歓迎いたします
2007年12月29日[事務局]
新機関誌JNETが創刊され、創刊号(Vol. 1-1)を会員名簿搭載者全員に送付しました。 Vol.2からは購読案内に公示する要領で送付いたします。
2007年12月01日
第23回総会の発表演題の中からJNETへの投稿を推薦しました。諾否を編集委員会にお知らせ下さい。被推薦演題に限らず、多くの投稿をお待ちしています